DRINK

是非知っておきたい!カナダのお酒事情「オンタリオ州」

こんにちは。
今日はカナダ・オンタリオのお酒事情についてです。

はじめてカナダに来る方は、
お酒が飲める年齢は?
ルールとかはあるの?
どこで買えるの?
など、いろいろわからないことだらけだと思います。

今回はそんな方の疑問を解決するために、トロントのあるオンタリオ州のお酒事情をまとめてみました。

カナダのお酒事情

カナダは連邦国家なので州ごとにお酒の規制が異なります。

飲酒ができる年齢は、州によって様々。
トロントのあるオンタリオでは19才から。
ケベックやアルバータでは18才からです。

カナダは飲酒に関する規制がかなり厳しいと思います。
例えばですが、日本でよく見かける『駅で酔いつぶれたサラリーマン』。
これはカナダでは絶対にありえませんね。
あったとしたら大問題ですし、いろんな人に罰金などが発生する可能性があります。
酔いつぶれた本人もそうですが、お酒を提供した従業員、
またマネージャーやレストラン自体に罰金などの可能性が。

そのため、基本的には酔っ払っていると判断されれば
それ以上にお酒を提供してもらうことは無理ですし、入店を断られたりします。
道でお酒に酔ってフラフラ歩いていたら警察に捕まりまることも。
その場合、誰かに迎えに来てもらえるまで帰れない可能性が。

日本でも近年厳しくなっているとは聞きますが
カナダは日本の数倍厳しいと考えてください。
お酒を飲むときは、飲みすぎないように注意しましょう。

飲酒・購入できる時間

日本のようにコンビニで24時間いつでも買えるなんてことはあり得ません。

レストランやバーでのお酒の提供時間も限られていて
朝の11時から夜中の2時までと決まっています。
大晦日とかは特別に3時までオッケーです。

お酒屋さんはだいたい朝10時から夜10時くらいまで開いています。
ただ、日曜日はどこも5〜6時と早く閉まります。

また、クリスマスや元日などの祝日はお店は開けません。
一番重要な日だろ!?って思うのですが、開けないものは開けません。

なので、クリスマスイブや大晦日は激コミです。
この日は1時間並んでやっと買えるなんてのはザラなので
お酒を買う予定のある人は事前に購入することをオススメします。

身分証明書が必要

カナダではお酒に関する規則がかなり厳しいので
身分証明書を提示を求められることが多々あります。
基本的に日本人は実年齢よりだいぶ若く見られることが多いので
例えば30才だからといって油断は禁物。
せっかく行ったのに購入できないということのないように
身分証明書は必ず持ち歩きましょう。

屋外での飲酒

春にお花見しながら…、夏の暑い日にビーチで…
日本だと当たり前にできていたことがカナダではできません。

たまに、プラスチックのカップに入れ替えて
飲んでると思われる人がいますが見つかったら罰金です。
あ、もちろん自宅の庭などプライベートな場所は大丈夫ですよ。

お酒を購入できるお店リスト

オンタリオ州では
LCBO, Beer Store, Wine Rack, The Wine Shopまたは一部のスーパー
このどれかで購入することになります。

LCBO – Liquor Control Board of Ontario

オンタリオ州の政府が管轄しているお酒屋さんです。
簡単にいうと、従業員はみんな地方公務員さんです。

スピリッツ、ビール、ワイン、ウイスキー、シードル等なんでもあります。
基本的に、スピリッツ、ウイスキー、一部のワインはLCBOでしか購入できません。

すごく小さい店から大きなお店までありますが
かなり品揃えはいいと思います。

また、LCBOはいわゆる地産地消を推奨していて
オンタリオのワインは他の国のワインに比べて
セクションが広く取られています。

せっかくカナダにいるのだから
カナダのワインを飲んでみたい!という方は
LCBOでチェックしてみてください。

ただ、日本のお酒の種類が少ないのが残念
しょうがないのは分かっているんですがね・・・

マーカムやスカボローにはアジアのお酒専門コーナーを
設けているお店があり、けっこう種類は豊富です。

Beer Store

その名の通り、ビール専門店です。

ビールの種類は豊富ですが
店によってはバラ売り商品があまりありません。

大量購入に向いてますね。
12本入りや24本入りなどのパックで買うと
多ければ多いほど割引があります。

ちなみにLCBOではたくさん買っても割引はありません。
いつも同じビールを飲む人や
パーティー用に買い込みたい人にはBeer Storeがオススメです。

Wine Rack

ワインラックは基本的にワインがメインですが
シードル(カナダではサイダーと呼びます)もあります。

取り扱っているのはカナダ産のワイン、サイダーのみです。
VQAといってオンタリオの最高品質を取得したワインや
テーブルワインなど種類が豊富です。

ワインラックではFree Wine Tastingができるんです。
ワインってどれ買ったらいいかわからないし
1本買って、美味しくなかったら損するし・・・

そんな時はワインラックで試飲しましょう。
毎回いろんな違ったワインを試飲できるので
どれを買ったらいいかわからない人にはオススメです。

The Wine Shop

ここはWine Rackほど知名度もなく、店舗数もさほど多くないですが
けっこうMetroやSobeysなどのスーパーに併設されています。

というか、併設されているから看板とかを見てないだけかも・・・
実はたくさんあるのに気づいてないパターンかもしれません。

ここでは4つのワイナリーのワインを扱ってます。
Peller Estate, Trius, Wayne Gretzky, Thirty Benchの4つです。
ものによっては、結構質のいいワインもあるようですね。

Grocery Stores (Lablows, Metroなど)

いわゆるスーパーマーケットです。
日本の小さいスーパーというよりは
イオンとかの大型スーパーのイメージですかね。

ライセンスを取得した選ばれたスーパーのみ
アルコールを販売することができます。

The Wine Shopと違うのは店舗として独立しているかどうかの違いです。

お酒屋さんだとお酒を買って、また別でスーパーに行って
食料品を買い出ししないといけないのですが
ここだと、ポテチとかと一緒に買うことができるので便利です。

でも、あんまりお酒を買えるスーパーがないのが現状です。
これからどんどん増えていくみたいですけどね。

Brewery

オンタリオにはたくさんブリュワリーがあってその数250以上。
いろんなクラフトビールが楽しめます。
パブを併設しているブリュワリーもあり、気に入ったお酒は購入することも可能です。
トロント市内にもたくさんあるので、是非チェックしてみてください。

まとめ

  1. カナダのお酒の規制は厳しい
  2. お酒を購入できる時間が決まっている
  3. 身分証明証が必要
  4. 公共の場での飲酒は厳禁
  5. お酒を購入できるお店はLCBO, Beer Storeなど

以上、是非知っておきたいお酒事情でした。

最後まで読んでくれてありがとう!
ではまた。