DRINK

ノンアルコールビール:ハイネケン0.0 VS ハイネケン

こんにちは。 

今日はハイネケン0.0とハイネケンのブラインド対決をやってみたいと思います。 

ハイネケン0.0とはノンアルコールビールのことです。この私がノンアルコールビール?ありえない・・・って感じですが、実は先日もらったんですよね。 

土曜日にイートンセンターと言うトロントにある大きいショッピングモールに買い物に出かけたら、配ってました。もらえるならもらおうじゃん、ってことでノンアルコールだけど、ありがたくいただきました。 

そこでふとした疑問が私の中でフツフツと湧き出てきました。ノンアルコールビールは技術の進歩により限りなく本物のビールに近い味であると。ほとんど区別が付かないと。そんなことを聞いたことがあります。 

ほんとかよって思うんですよね。成分が違うんだから全く同じはないだろうと。 

だから検証してみようと思いました。ブラインドで違いがわかるか試してみようと思います。 

ブラインドテイスティング開始前

アルコールがない分、軽く感じるはずだと思います。が、しかし!ハイネケン自体たったの5%程度しかアルコールがなく、私にはほとんどアルコールを感じられない程度の強さなのです。

めちゃくちゃ軽いビールとさらにそれを超える軽いビールを飲み分けらるのかってことですね。ほとんどお酒を飲まない方は5%でも強く感じるのかなと思います。私も昔そうでした。

でも今は5%じゃもの足りない・・・慣れって怖いですね。 

ブラインドテイスティング開始

まず、1を試飲。

初めは、あビール?と思ったけど、後味がなんか変?あれこんな感じだったっけ?あんまり苦味がないかなと。というか、ハイネケン自体そんなに飲みなれていないので、こんなもんだっけ?という感じです。

そして、2を試飲。

うん、やっぱこれがいつも飲んでるビールの感じ。安心の後味。ほんのりの苦味を感じます。

飲み比べると全然違います。笑
でも、普通に渡されたら分かりません。

1は、頑張ってビール味に寄せてる感じがします。

予想通り、1はハイネケン0.0、2はハイネケンでしたー。

テイスティングの結論

飲み比べると違いがはっきりわかるけど、飲み比べなければ、分からないかも知れません。

アルコールに敏感な人は気づくかも。

きっと普段からハイネケンを飲んでいたら気づくのかも知れません。ただ飲み比べれば飲み比べる程、何を飲んでいるのか分からなくなってきました。

しかし、ビールテイスト飲料ってすごいですね。本当にビールのような味わいがします。そして値段がほとんど変わらないという不思議。きっと技術料なんでしょうね。

本物のビールに限りなく近づけるために、いろんな技術を使っているからだと思います。

味わいがかなり近いので、たまには体をいたわってノンアルコールビールを飲むのも悪くないかなぁ。

お店で買えるノンアルコールビールの種類

今回はハイネケンで試しましたが、他にもたくさんノンアルコールビールは売っているので、よかったら試してみてください。

  • CLAUSTHALER
  • EDGE
  • BUDWEISERPROHIBITION BREW
  • BAVARIA HOLLAND
  • GROLSCH
  • BECKS
  • LABATT BLUE
  • KROMBACHER
  • ERDINGER
  • PARTAKE

https://www.loblaws.ca/Food/Drinks/Alcohol-Free-Drinks/Alcohol-Free-Drinks/plp/LSL001006010006?navid=alcohol-free-drinks

https://www.lcbo.com/content/lcbo/en/pages/beer/great-non-alcoholic-beers-for-the-season.html

最後まで読んでくれてありがとう!
ではまた。