DRINK

【カナダのアイスワイン】スパークリングアイスワインの人気が上昇中

こんにちは。

アイスワイン好きですか?私は好きです。

近年、ドライなワインがトレンドになっていて、甘いワインが低迷しているんですよね、残念です。
アイスワインもその一つ。

その巻き返しを図るため、いろんな試みがあります。
例えば、アイスワインを料理に使ってみたり、カクテルを作ってみたり。

スパークリングアイスワインの人気が上昇中

個人的には、スパークリングは人気急上昇ですね。

1998年にInniskillinが初めてVQA(Vintners Quality Alliance:カナダのワインの品質認証基準)として認められたスパークリングアイスワインを発売しました。

その前にも他のワイナリーが作っていますが、VQAで認められなかったので、アイスワインと名乗ることが出来ませんでした。

 

あれから早20年。と言っても私はその頃日本で学生だったの知りませんが・・・。

 

スパークリングアイスワインの人気が上がっている理由はいろいろあると思います。
私が個人的に思う最大の理由は、飲みやすさ。

 

世界的にワインのトレンドがドライになっているわけでして、
甘いワインの人気は下がっていました。

スパークリングにすると、同じ甘味でもちょっとだけ甘味を感じにくくなるんですよね。

 

例としてコーラを思い浮かべてください。

炭酸が効いているコーラと炭酸が抜けているコーラ。
同じコーラでも飲んだ時に、ちょっと甘味の感じ方が違うかなと。

さらに言えば冷えているコーラと常温のコーラでも甘味の感じ方は変わります。
冷えてる方が甘味を感じにくくなるんですよね。

冷たいフルーツだとたくさん食べれてしまうのと一緒ですね。

スパークリングアイスワインのご紹介

前置きが長くなりましたが、スパークリングアイスワインをご紹介します。

あまり入手できないので、見つけた場合やワイナリーに行った場合は
ぜひ試してみてください。
甘ったるいのが苦手という方も、飲みやすく感じると思います。

Inniskillin Sparkling Vidal Icewine

言わずと知れたアイスワインの有名ワイナリー、イニスキリンのスパークリングアイスワインです。

はちみつやマンゴーのような甘い香りと、柔らかい泡が絶妙。
値段はかなり高いですが、買う価値のありの一品です。

こちら、イニスキリンのスパークリングアイスワインの赤(Cabernet Franc)。

 

Vieni Estates Sparkling Icewine

LCBOでここのスパークリングアイスワインも見つけました。

これは、ヴィダルのスパークリングアイスワイン。

こちらは、カベルネソーヴィニヨンのスパークリングアイスワイン。

スパークリングアイスワインはあまりLCBOでは見かけませんね。

ワイナリーに行くともっとたくさんの種類のスパークリングアイスワインがてにはいるでしょう。

 

スパークリングアイスワインの代替品・・・

スパークリングアイスワインは普通のアイスワインよりさらに値段が高いです・・・。
そうやすやすと買えないですよね。

そんな時は、アイスワインを買いましょう!


アイスワインを安いプロセッコ(イタリア産のスパークリングワイン)とかで割ると、
即席スパークリングアイスワインになります。
炭酸水で割ってもいいんですけど、
そうするとちょっと味が薄くなりすぎてしまうので。

え?そこまでして飲みたくないって?

ですよね。同感です・・・。汗

ちなみに、サン・ジェルマン(エルダーフラワーリキュール)にプロセッコを加えて飲むとめちゃくちゃ美味しいです!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Angel R Medina(@acutepixel_photography)がシェアした投稿

 

 

アイスワインフェスティバルに行こう

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

NOTL Icewine Festival(@niagaraicewinefest)がシェアした投稿

ちなみに毎年1月〜2月にナイアガラでアイスワインフェスティバルが開催されます。

マイナス15ー20度の極寒の中で飲むアイスワインは格別です。
寒すぎて味が美味しいのかどうか、もはや分かりません。笑。

スパークリングアイスワインを提供するワイナリーが増えてきてますよ。
気になる方はぜひ行ってみてください。

https://niagarawinefestival.com/

 

美味しい、スパークリングアイスワイン。

カナダのお土産としてもよいのではないでしょうか。

 

最後まで読んでくれてありがとう。
ではまた。