DRINK

【超簡単!ワイン講座】白ワインの美味しい飲み方と食べ合わせ

くまさん
くまさん
白ワインって赤ワインと何が違うの?
白ワインって冷やした方が美味しいの?
白ワインってどんな食べ物と合うの?
オススメの白ワインって何?

かえで
かえで
そんな疑問に分かりやすくお答えします!

白ワインと赤ワインの違い 

白ワインと赤ワインの違いをご存知ですか? 

色じゃん!って思われた方、正解です! 

では、その色ってどこから来るのでしょうか? 

食用のぶどうって白ぶどうと赤ぶどう両方ありますけど、皮を剥いた果実の部分ってどっちも黄緑っぽいですよね?(え?って思った方は一度巨峰とか食べてる時に気にしてみてください。) 

そう、果実は黄緑っぽい色なんです。
では、あの赤い色はどこから来るのかというと、です。 

白ワインを作るときは、まずぶどうを砕き、プレスして皮や種を取り除きます。
そして果汁だけを取り出して、発酵させるんですね。

では、赤ワインはと言うと、ぶどうを砕いて、果汁と皮と種を一緒にしたまま発酵させます。その後プレスして皮と種を取り除きます。砕いたばかりの果汁はほぼ黄色、または皮の色素がほんのりある超うすいピンク色です。

ここでちょっとだけ濃いピンクに色をつけたのがロゼです。

赤ワインにするには、このまま皮を浸したまましばらく置いておきます。すると、少しずつ皮の色素が果汁に染み出してくると言うわけです。 

この赤ワインを作るときにしばらく浸しておく皮と種。これにタンニンと言う成分がたくさん含まれていて、赤ワイン独特のあの渋みが作られるわけです。 

渋みの元になる皮とか種とかをそんなに浸さなきゃいいじゃんってなりますけど、でも皮を浸さないと赤にならないんですからそう言うわけにもいきません。

渋いのが好きではないと言う方もたくさんいらっしゃいます。と言うか、基本みなさんあまり好きではありません。タンニンが多いワインが好きと言っても、あの渋いのが好きなわけではないと思います。タンニンって熟成させるとまろやかな舌触りになるんです。心地よい渋さと言いますか・・・。その感じがたまらんのですわ。 

白ワインの辛口と甘口

白ワインについて説明するとき、よく辛口とか甘口と言って分けられます。あの甘さは、発酵後にどれだけ糖分が残っているかで変わるんです。 

ぶどうの発酵は、プレスしたぶどう果汁にイーストを加えます。そのイーストがぶどうの中の果糖を食べることでアルコールが発生するんですね。イーストがたくさん果糖を食べれば食べるほど、果汁の中の糖分が減ってアルコール度が高くなります。

つまりこのイーストが食べる糖分の量をコントロールすることで、果汁の中に残る糖分の量を決められるんですね。なので、甘めのワインが作りたければ、イーストが糖分を食べすぎる前に発酵を終わらせます。発酵をうまくコントロールすることで作り手の希望した甘さに調節できるわけです。 

白ぶどう 基本3種 

シャルドネ – Chardonnay –

シャルドネは白ワインで一番有名だと思います。三銃士の作者デュマが『脱帽し、跪いて飲むべし』と称した素晴らしいワインのぶどう品種がこのシャルドネ。

世界で一番高い白ワインがこのぶどう品種から作られています。

では、このシャルドネの特徴は?って言うと・・・。よく、個性がないのが個性とか、あなた色に染まるワインとかって言われています。
どういうことかと言うと、ベースとなるぶどう自体には特徴らしい特徴がなく、それを使って作り手の表現したいワインが作り込みやすいと言うことです。 

フランスのシャブリという地域から出来る特徴を活かしたワインや、カルフォルニアのようにオーク樽で熟成させてバニラやロースト香などぶどうからは得られない味わいを持ったワインが作られます。種類が多いのが特徴でしょうか。

地域や作り手によって全然違ったワインになる「万能ぶどう品種」として覚えておくといいと思います。 

シャルドネおすすめの産地

  • フランス・シャブリ
  • フランス・ブルゴーニュ
  • カリフォルニア

リースリング – Riesling –

華やかさ抜群の高級品種!

私はこのぶどう品種が一番好きです。
まず花のような素敵な匂いと、アップルや桃などの美味しそうなフルーツの匂い。たまらんです。そしてこのぶどうは何と言ってもその酸味の高さ

辛口でも甘口に作られた場合でも、キリッとした酸味が爽やかな味わいをもたらします。とにかく美味しい。 

ドイツ産のリースリングが甘口なものが多く作られていたこともあり、リースリング=甘いワインというイメージを持つ方が多くいますね。甘口のワインがあることは事実ですが、ドライなワインも多く作られていますよ。特に近年は辛口を好む消費者が多いので、ドライなワインを作る傾向にあります。

リースリングおすすめの産地

  • フランス・アルザス(ドライ)
  • ドイツ・モーゼル(ドライ〜スイート)
  • カナダ・ナイアガラ

ソーヴィニヨン・ブラン – Sauvignon Blanc –

ソーヴィニヨン・ブランも重要なぶどう品種です。酸味が強くてとても爽やかなワインが出来ることが多く、近年ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランが世界中で大人気。

このぶどう品種は匂いがとても特徴的で、芝とかピーマンのような青々とした匂いがします。 

このぶどう品種って結構人によって好き嫌いが別れる気がします。私はピーマンを含め野菜全般が苦手だったので、この品種のワインがしばらく飲めませんでしたけどね。野菜好きな方は好きになるかもしれません。 

先ほど言ったように匂いに特徴があるので、ワインをほとんど飲んだことがないのであれば一度飲んでみることをオススメします。一回匂いの特徴が掴めたら、けっこうブラインドテイスティングでも当てやすい品種だと思いますよ。 

ちなみにブラインドテイスティングで品種が当てられたらめっちゃうれしいです。一つ一つ自分が得意とする匂いの特徴を覚えていくことで、当てられる品種が増えていくのでどんどん楽しくなりますよ! 

ソーヴィニヨンブランおすすめの産地

  • ニュージーランド
  • フランス・サンセール

白ワインをおいしく飲む適温 

白ワインは冷やして飲みましょう!ってよく言われてますね。そうです、冷やしましょう。
でも、冷やしすぎるとせっかくのおいしい匂いがあまり感じられず、ワインをマックスで楽しむことが出来なくなってしまします。それはちょっともったいない! 

ということで、適温を学びましょう! 

白ワインの適温をざっくりまとめると 


超低めの温度4〜6度

  • 超甘口ワイン


低めの温度6〜10度

  • ライトボディのワイン 
  • 甘口のワイン 
  • 酸味が高いワイン
  • 安いワイン


高めの温度10〜14度

  • フルボディのワイン
  • 値段が高めのワイン


こんな感じです。冷蔵庫で一晩中冷やしておけばだいたい4〜5度になります。
スパークリングや甘口、安価のワインなどは前日から冷やして置いたらいいと思います。 

ワインをあけてからグラスに注ぐだけでだいたい1度くらい温度が上がると言われていますし、ちょっと冷たすぎたら手で軽くグラスを温めてあげるだけすぐに温度があがりますよ。 

高めのフルボディ白ワインは10〜14度くらいが目安なのですが、ちょっとわかりにくいですよね。だいたい冷蔵後に1時間〜1時間半くらいでこのくらいの温度になりますよ。 

白ワインに合う料理 

辛口ライトボディ 

ライトボディの白ワインはさっぱりすっきりな味わいが特徴なので、さっぱりとしている食べ物と合わせるのが良いですね。例えば、白味魚、シーフード、カルパッチョなど。

この手のワインは柑橘系の味わいがすることが多いので、レモン等を絞りたくなるような食べ物とは基本合うことが多いですね。 

辛口フルボディ 

ではフルボディのワインには何が合うかと言うと、まろやかな重みのある食べ物が合いますね。例えば、クリームソースのグラタン、パスタ、チキンや魚などですね。 

甘口ワイン 

私は個人的になのですが、パッタイというスパイシーなタイ料理が大好きです。これに合うのは何と言っても少し甘めなリースリング!
この少しの甘みがタイ料理の辛みを和らげてくれるのでバランスがとても良いのです。
タイ料理だけでなく、カレーのように辛い料理にはかなり合うので試してみてください。

もっと甘いワインには塩辛い食べ物がよく合います。代表的なのがデザートワインとフォアグラやブルーチーズなど。しょっぱいのと甘いのは相性がいいんですね。

いかがでしたか?
美味しく白ワインを飲む手助けになったら嬉しいです。

最後まで読んでくれてありがとう!
ではまた。