EAT

トロント:ROLLTATIONで寿司ブリトーを食べる

ROLLTATION TORONTO

こんにちは。

今日は、トロントにある寿司ブリトー屋さん、ROLLTATIONをご紹介します。

寿司ブリトーとは?

寿司とブリトーが合体したもの。(そのまんまですみません)

見た目はちょっと大きな巻き寿司ですが、じゃあ巻き寿司と一体何が違うのか?

それは、中身の具とボリュームだと思います。

そして、手軽に手に持ってかぶりつけるところ。(恵方巻き的な?)

確かに、巻き寿司と比べると中身の具がボリューミーですよね。

結構モリモリです!!!

寿司ブリトーメニュー

Rolltationでは、6−7種類の寿司ブリトーメニューがあります。

https://www.rolltation.com/menu-sushi-burrito/

その他に、自分の好みで野菜やプロテイン系、ソースを自分でピックして店員さんが巻き巻きしてくれるシステムもありです。

サンドイッチで言うところのSUBWAY的な感じ?

具材は、定番のツナ、サーモンエビ天などのプロテイン系、野菜も10種類以上ありますね。

クラッシックサーモン寿司ブリトー

ロールテーションの寿司ブリトー

今回私は、Classic Salmon Sushi Burritoを頼んでみました。

きになる具材は、

  • サーモン
  • ケール
  • アボカド
  • スイートコーン
  • レッドオニオン
  • 人参
  • 天ぷらビッツ
  • わさびとびこ
  • みかん(缶詰の)!!!

そして、ソースはSriracha Mayo、いわゆるスパイシーマヨです。

食べた感想

Rolltation Classic Salmon Sushi Burrito
結構デカイです。

サーモンと野菜がたっぷりで、スパイシーマヨとマッチしておいしいです!!

ただ、ちょっと食べづらい。。。

巻き寿司ほどしっかりと巻かれていないのか、食べていると最後の方とかは巻きが解けてきます。

食べ終わったら、手がベトベトでした。。

あと、思った以上にケールが盛りだくさん!!笑

苦手な方は、ケール抜きか少なめにしてもらったほうがいいかもしれません。

私は結構好きなので、美味しくいただきましたが。

まああと、何と言ってもびっくり具材のみかんですよ!

寿司にみかんの缶詰て!と思わず一人ツッコミしましたけども、意外とすんなり食べれました。驚きです。

私の味覚がカナディアン化してきたのかわかりませんが、悪くないです。笑

Ritualでオーダー

今回はRitualでオーダーしました。

Ritualとは、アプリで予め食べ物をオーダーし取りに行くシステムです。

トロント生活必須アプリ12選 トロントで生活する上で、あると本当に便利な無料アプリを厳選しました。交通機関、レストラン、銀行、生活のカテゴリー別にまとめてあります。...

やっぱり便利ですね。

あと、天ぷらビッツが苦手なので、オーダー時に天ぷらビッツ抜きをリクエストしました。

こういった細かなオーダーもできるところも便利です。

その他メニュー

寿司ブリトーの他にポケ丼やサラダ丼、ライスバーガーなどもあります。

寿司ブリトーは会社ランチとしては食べづらかったので、今度はポケ丼にしてみようかなー。

Restaurant Info

ROLLTATION SUSHI BURRITO

Dundas & University
207 Dundas St W, Toronto, ON M5G 1C8
Mon – Fri 11:00 am – 10:00 pm 
Sat – Sun 12:00 pm – 09:00 pm

Yonge & Dundas
321 Yonge Street, Toronto, ON M5B 1R7
Mon – Sun 11:00am – 10:00pm

Yonge & College
3 Carlton St, Toronto, ON M5B 1L2
Mon – Sat: 11am – 10pm
Sun & Public Holiday: 12pm – 9pm

Yonge & Bloor
758 Yonge St Toronto, ON M4Y 2B6
Mon – Sat 11:00am – 10:00pm
Sun & Public Holidays 12:00 pm – 9:00 pm

Yonge & Eglinton
2291 Yonge St, Toronto, ON M4P 2C6
Mon – Sun 11:00am – 10:00pm

その他のロケーションはこちらからどうぞ。

https://www.rolltation.com/locations/

最後まで読んでくれてありがとう!
ではまた。