LIFE

カナダで英語環境で働くとはー飲食業

Hiringのサイン

こんにちは。

今日は、カナダで英語環境でのお仕事について説明したいと思います。

この記事は飲食業がメインとなっています。

見つけられる仕事

たまに耳にするのですが、結構ワーホリの方もそうでない方もジャパレスで働くことに偏見を持っているように感じます。

せっかくワーホリで来ているのに、なんでわざわざジャパレスで働いて日本人とつるむんだよ、みたいな。

言いたいことはわからなくもないです。 

でもまぁ、そう言う意見はガン無視です。

自分でやりたいと思ったらやればいいだけです。お金稼がないと生活できませんから。 

それでも、ジャパレスは嫌だと言う方がワーホリで来た場合、見つけられる仕事はどんなものがあるのでしょうか。 

結論から言うと、英語力と経験によります。 

英語力があり、日本での経験があるなら、その経験を活かした仕事につける可能性はあります。でも、日本で経験があまりないとしたら、飲食業に入るのが一番手っ取り早いですね。

私の経験ですが、飲食業から全然違う業種&職種にキャリアを変えました。しかし、ほとんど経験がなかったので仕事をゲットするまで約半年、レジュメは400ほど送り、電話面接は20ほど、対人面接は5つくらいで、やっと見つかりました。毎日絶望と戦ってましたよ。

ほぼ経験がないとこうなるのです。正直見つかっただけでもラッキーなくらいです。私は英語力がまぁまぁある方なので採用されました。それでも半年です。

でも、ワーホリの方は半年も時間無駄にしていられませんよね。だったら、ジャパレスでもなんでもいいからやろう!ってことです。

よく、英語環境じゃないと嫌だから、カナディアン系のレストランでバッサーとかディッシュウォッシャーでもいいからやりたい、と言うことを耳にします。 

でも先に言っておきますね。

カナディアン系のレストランでディッシュウォッシャーをやっても、ほぼほぼ英語力は伸びません。

なぜなら英語を使わないからです。 

ディッシュウォッシャーが使う英語はたかが知れており、この皿足りないから早めに洗ってとか、このフライパン熱いから気をつけてとか言われる程度です。
基本黙々と皿を洗い続けます。

英語使いますか?

使いません。

では、英語力伸びますか?

伸びません。(←ここはお店というより自分次第でもあります)

ジャパレスでサーバーとして働こう! 

レストランで働くサーバー

では、ジャパレスで働くことは英語環境ではないというのは本当でしょうか? 

結論から言うと、お店によります。

どう言うことかと言うと、お店によっては、日本人のお客が少ないお店もあります。日本人客が少ないお店は必然的に英語を使ってコミュニケーションを取らないといけません。 

カナディアンは結構細かい注文が多かったりするので、ジャパレスとか関係なく英語力必須です。 

つまり、日本人客の少ないお店を選べばジャパレスでも英語環境なんですよね。 

では、どうやって客層を知ればいいのか。 

簡単です。一度偵察に行って日本人の割合を見ましょう。それが無理なら、面接の時に聞きましょう。 

うちはほとんど日本人ですよ → 英語使わないからやめて、他のジャパレスへGO 

うちは日本人のお客さんあんまり来ないですよ → 英語使うからやろう 

ジャパレスでも英語めっちゃ使います。

例えばシェフが日本人だから日本語できた方が楽とか日本人は真面目に働くからと言う理由で日本人を雇いたがるだけです。 シェフは日本人、でもサーバーはほぼ日本人以外なんてジャパレスもたくさんあります。

私は個人的に英語が目的でワーホリに来ているなら、カナディアン系レストランのディッシュウォッシャーよりジャパレスのサーバーをオススメします。

お金も多くもらえますし、英語力の伸びが断然違います。 

お金の束を持つ猫
カナダのレストラン−チップ制度について カナダのレストランで働くと、給料とは別にチップが貰えると言うことを聞いたことがある方も多いと思います。 実際どのくらい貰えるのか...

リゾート地や田舎で住み込みで働こう!

本当に英語環境にしたいなら、田舎で住み込みで働くのが一番です。 

トロントやバンクーバーと違って、応募する人数が少ないので仕事をゲットできる確率が断然高いです。

事実、私はワーホリで来た時にバンフにあるホテルで働きました。当時の私の英語力は相当やばかったですね。でも、競争率がかなり低かったので見事採用されました。

そこでは従業員の寮があり、いろんな国籍の方がたくさんいました。40〜50人ほど一緒に住んでいるので、常に誰かがいて毎日パーティーのように盛り上がっていました。日本人の方も数名いました。 

私はバッサーから始めてサーバーになったのですが、レストランの従業員は私以外日本人が誰もいなかったし、日本人のお客さんもほぼ来ませんでした。 

なので、朝から晩まで英語づけ。寮に帰っても英語がメイン。たまに日本人と遊ぶくらい。暇な時はテレビやDVDをひたすら見続けました。

相当英語力伸びましたよ。だって日本語話す機会がほとんどないですから。 

英語がどうしても使いたいなら 

バンフのような場所には行きたいくない。トロントやバンクーバーにいたいという方も多くいるかなと思います。 

どうしても英語を使いたいなら、ボランティア・イベントたくさんありますよ。参加しましょう。 

ラジオ毎日聞いてますか?暇さえあれば聞きましょう。英語は浴びた分だけ伸びますよ。 

英語力の伸ばし方なんて、自分次第でどうにでもなります。

私は今でもラジオは暇さえあれば聞いています。たまに電車の中で他人の会話を盗み聞きしています笑。

カフェなどでいろんなスラングを聞いたり、かなり強いアクセントで話しているノンネイティヴの英語を聞くのもいい勉強です。 

仕事求人サイト 

求人サイトでよく英語環境です、みたいなことが書いてありますよね。

先ほどのディッシュウォッシャーのように周りはみんなカナディアンでも英語を使う機会がほとんどないことだってあります。 

実際どこまで英語環境にするかは自分次第です。

週3くらいジャパレスで働いて最低限の生活費を稼いで、週4はボランティアとかに出来るだけ参加するとか、バーやカフェに行ってカナディアンの会話を盗み聞きするとか・・・やり方次第でどうにでもなるんですよ。 

以下に求人サイトを貼っておきます。自分にとって良い仕事が見つかるといいですね。この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

JP Canada

E-Maple

人材Canada

Indeed.ca

最後まで読んでくれてありがとう! 

ではまた。