LIFE

カナダのレストラン−チップ制度について

お金の束を持つ猫

カナダのレストランで働くと、給料とは別にチップが貰えると言うことを聞いたことがある方も多いと思います。 

実際どのくらい貰えるのか、サーバーの仕事のメリットやデメリットをまとめてみました。

私はサーバー歴10年ほど経験しており、ジャパレスで働く友人も多いです。 

チップの制度 

まずは、チップの制度ですが、だいたい食事代の15%くらいが普通。

でも絶対ではありません。

朝は安め、夜は高めとなることが多いですね。例えば朝は10%とか、夜は20%とか。

もちろん、サービスの良し悪しでも変わってきます。 

また高級レストランになると20-25%の場合もありますし、逆に安いお店だと10%だったりします。 

一概にパーセントは言えませんが、カナダの場合だいたい15%くらいに落ち着きます。 

なので単純に考えて、$100売り上げたらだいたいチップは$15くらいです。 

サーバーに入るチップはどのくらい? 

では、実際サーバーはいくら貰えるのでしょうか?

$15じゃないの?って思うかもしれませんが、$15丸々貰えるなんてことはかなりレアです。(私が働いていた所は、このレアなレストランでした。ラッキーです。) 

結論から言うと『お店によって全然違う!』です。 

どう言うことか詳しく説明していきますね。 

カナダ系のレストラン

まずは、カナダ系レストランの場合です。ここで言うレストランは、基本的にジャパレスなどのアジア系レストラン以外のレストラン全般を指します。 

このタイプは基本全部自分のもの、そこからチップアウトをします。 

チップアウトとは何かと言うと、サーバーが稼いだチップをマネージャー、バーテンダー、ホスト・ホステス、キッチンなどの手伝ってくれた方に払うお金。 

このチップアウトのパーセンテージはお店によってかなり異なります。

私が前に働いていたレストランでは、売り上げに対して1%のみでした。つまり、売り上げが$100だったら$1をチップアウトします。

チップは$15稼いでいるので、最終的な取り分は$14となりますね。 

私は以前バッサー(お皿などをテーブルから片付けて、テーブルのセッティングをし直す人のこと)として働いたとき、1日で$95もらった経験があります。サーバーはいくら稼いでたんだろ・・・。 

チップアウトが多いと大変です。友人のレストランではなんと売り上げの5%。つまり、$100だと$5チップアウトします。

チップは$15稼いでいるので、最終的な取り分は$10。 

例えば売り上げが$1000だったとしたら、$40もの差が出ますよね。

チップアウトのパーセンテージはかなり重要なんです。 

ただ、一つ言えるのは、パーセンテージはお店のレベルに比例しやすいと言うこと。
つまり、高級なレストランの方が高い傾向にあります。

なぜなら、そこで働いてサーバーを補佐する人(バッサー、フードランナー、バーテン、キッチンスタッフなどなど)の人数が多いからです。 

ただ高級レストランの場合、売り上げ自体が高くなるのでその分チップも増えます。なので、チップアウトが多いからと言って、実際のチップの金額が少ないわけではありません。

(例)
普通のレストラン:$500(売上)X15%=$75 ー $5(チップアウト 1%)= $70(もらえるチップ)
高級レストラン:$1000(売上)X20%=$200 ー $50(チップアウト 5%)= $150(もらえるチップ)

また、バーテンダーに対してだけチップアウトする店もあります。

例えば$50が食べ物、$50がお酒だとしたら$50の5%のような感じです。夜の売り上げはお酒がかなりを占めますから。バーテンダーだけでいいといってもパーセンテージによってはけっこうな金額ですよ。 

アジア系のレストラン

では、ジャパレスの場合はどうでしょうか。もちろんジャパレスにもたくさん種類はあります。ここで言うジャパレスはカナディアン経営ではなく、アジア系のジャパレスをメインに考えてください。 

多くのジャパレスは中国人または韓国人のオーナーが日本人シェフ・マネージャーを雇っていることが多いです。ほんの少しですが、日本人がオーナーでシェフや従業員も日本人と言うジャパレスもあります。 

そしてこのアジア系のジャパレスの場合は、基本全員で仲良く?割ります

そこで長々と働いている人が多くもらう傾向にあります。ベテランさんなので。

そして不思議なことにオーナーに吸い取られることもあるようです。どうして従業員のチップを搾取するのだ!って思いますけどね。やる人はやります。 

計算方法もお店によって異なります。一日ごと計算もあれば、週ごと計算も。

週ごとで計算の場合は、忙しい日に働いたのに、暇な日に働いた人とチップは同じなんてちょっと不公平な計算をする場合もあるんです。 

本来チップというのは給料の低いサーバーの生活を助けるためのものだったはず。それが、今ではシェフとかの給料を出来るだけカットして、チップでまかなうような給料形態になっているお店が多くあります。その多くがジャパレスなどのアジア系レストランなんですよね。 

そうなると必然的にサーバーの取り分が減るというわけです。 

メリットとデメリット 

ワインをサーブする猫

ここまでの話を聞くと、カナディアン系の方がいいじゃんって思った方も多いと思います。

本当にそうなのでしょうか?

メリットとデメリットをまとめてみました。 

カナディアン系のメリット 

  • チップは基本全部自分のもの(チップアウトあり) 
  • 自分の担当しているテーブルに専念できる。 
  • 一生懸命そのテーブルに奉仕してお客さんが喜んでくれたら、チップの量は跳ね上がる。やる気がでるのはこちらのパターン。 
  • チップ:朝だと一日$100程度。夜150−300程度。忙しくないときはもちろん、こんなに入りません。 

カナディアン系のデメリット 

  • ミスしても責任は自分。例えばお客さんが計算間違えをして本来よりも少ない金額を置いていった場合、差額はサーバーが負担する。オーダーミスも払わないといけないこともある。 自分がレジしてお金を管理する。
  • チップがゼロの場合でもチップアウトはしないといけない。(アメリカ、カナダ以外の国は基本チップをあげる習慣がありません。なので例えばヨーロッパ系の旅行客などはチップをくれないことがあります。) 
  • 求められる英語力&接客力が高い。つまり雇ってもらえるハードルが高い。 
  • 多くのレストランは未経験不可。未経験はバッサーなどから始めることが多い。 
  • オンコールが多いこともある。必要な時だけ呼ばれる。安定したシフトに入れない。 
  • サーバーがずるい。ガチで働いてますからね。より多くのチップを手に入れるのが目的。 

サーバーがずるいと言うのをちょっと具体例をあげておきますね。

私が前働いていたレストランでの出来事なのですが、そのレストランにはホスト・ホステスがいませんでした。なので、サーバーが気づいたら、お客さんをテーブルに案内します。

一応みんな均等になるように席を考えるのですが、がめついサーバーは自分が担当しているテーブルにばかりお客を入れます。結果、そのサーバーのみたくさんテーブルがあり他の人は全然ないと言うことがありました。みんなからブーイングの嵐でしたけどね、本人は気にせずでした。

世の中、結局金です。まぁ、最終的に和を乱すってことでクビになってましたけどね。お店によりますね。 

ジャパレス系のメリット 

  • 英語力低くてもオッケー。ハードル低い。 
  • たくさん友人できる。特にワーホリで来てる方が多いので同年代の友達ができる。 
  • まかないが出る。食費がうく。これはかなり大きいと思います。 
  • ミスは個人ではなく全員のチップで負担。お金はお店が管理。(店によります) 
  • チップ:一日$50ー100程度。入ったばかりではもっと低い可能性大。もちろんお店によります。 

ジャパレス系のデメリット 

  • 一緒に働く人の日本人率が高い。(英語環境で働きたい人にはデメリット?)
  • チップ割り勘。チップの配分が不透明。あんなに忙しかったのにこれだけ?ってことがある。 
  • レストランによってはザ日本の縦社会!みたいな感じ。気を使う。 

サーバーは儲かります!

お金の袋を持つひよこ

チップ収入はお店によってだいぶ異なりますが、サーバーはかなり儲かります。

カナダ系レストランとジャパレスのメリット・デメリットを考えて、自分に合う方で挑戦してみましょう。

ただ、ワーキングホリデーで来た方は、英語環境で働きたい!と思うのではないでしょうか?

しかし、ディッシュウォッシャーとしてカナディアンに囲まれて働くよりも、サーバーとしてジャパレスで働く方が断然英語を使いますし、お金も貯まります。

お金を貯めたいなら、サーバーとして働こう!

最後まで読んでくれてありがとう!
ではまた。