LIFE

【カナダのお土産】エコバッグがおすすめ!

ecobag

みなさん、エコバッグを持っていますか?

エコバッグとは、何度も繰り返し使えるバッグのことです。

IKEAの青いビニールバッグと言えば、分かりやすいと思います。

 

このエコバッグ、カナダではずいぶん前から浸透していて、Shopping bagやReusable bagという名前で売られています。

かわいいデザインだったり、カナダっぽさを前面に出したデザインなど、たくさん種類があるので、ご紹介しようと思います。

 

カナダのエコバッグはお土産におすすめ!

Dollarama reusable bag canada
Dollarama reusable bags

エコバッグをおすすめする理由としては、安くて使えるお土産だからです。

カナダのお土産っていうと、サーモン、メープルシロップ、アイスワインが代表的。

でも、これって全部、食べたらor飲んだら終わりです。

そして、どれもこれもけっこうな値段ですよね。

 

そんな時はエコバッグも候補に入れてみてはどうでしょうか?

 

また、毎年のように一時帰国されている方にもオススメです。

お土産のネタってけっこう困りますよね。

 

Tシャツの代わりに買う感じ

Roots shopping bag
Photo: Roots

旅行先で、自分へのお土産に”I Love Canada”みたいなTシャツ買ったことある方も多いかもしれません。

その時はいいなぁって思って買っても、日本では全然着ないなんてことも多々あります。

 

私も、せっかく旅行に来たからとTシャツなどを買ったことがあります。

でも、結局ほとんど着ないまま、クローゼットの奥の方へ・・・。

そして体のサイズがパワーアップして、いつの間にか着れなくなってしまいました・・・。

 

エコバッグなら、買い物に行く時にしょっちゅう使うことができますよね。

ちゃんと役に立つし、カナダのことを思い出す一石二鳥なアイテムです!

カナダらしいプリントを探そう

muji canada my bag
Muji Canada My Bags カナダ限定

せっかくなので、カナダっぽいプリントがあるエコバッグがいいかなと思います。

カナダっぽいデザインとは

  • カナダの国旗が書かれている
  • ムースやビーバーなどの動物の絵
  • トロントなどの街が書かれている

この辺りでしょうか?

 

特にカナダらしいとなると、探すのがけっこう大変かもですが、国旗などが書かれているバッグは発見しやすいです。

 

エコバッグの素材

エコバッグの素材にも種類があります。

  • ナイロン
  • ポリプロピレン

などがあります。

 

もっと細かく分類できるようなのですが、難しそうなのでやめておきます。

ポリプロピレンって何?って感じですが、IKEAの青いビニール袋と似たような素材かなと自分では解釈しております。

(その中でも色々種類があるようなので、ここではざっくりとしかまとめていません。)

 

それぞれの特徴としては・・・

  防水 強度 コンパクト 値段
× ○ー◎ ○ー◎
ナイロン
ポリプロピレン ×

印刷されているデザインの種類が多いのは、ポリプロピレンを使ったバッグかなと思います。

ラミネートされているので、防水対策はバッチリです。

ただ、あまり小さくたためないので、常にカバンに入れておくって感じではないかなと思います。

 

「布」と一括りにしていますが、厚みによって強度が変わってきます。

薄ければ丸めてカバンの中に入れてても、邪魔にはなりませんね。

 

エコバッグはお財布に優しいです

お店や素材の種類にもよりますが、安いものだと$1から購入できます。

特に、ポリプロピレンが一番安いですね。

ほとんどの大型のお店は、ポリプロピレン製のオリジナルバッグを販売していて、だいたい$1−2です。

質にもよりますが、布製品は他と比べると若干高くなってしまいますね。

でも、トートバッグなどはふだん使いによくて、カジュアルな服にも合わせやすいですよね。

Toronto Blue Jaysはreusable bagをgiveawayで配布したりしてますね。

https://twitter.com/BlueJays/status/874745659315847169

非売品っぽいので、普通のグッズを売っているショップでは買えないようです。

エコバッグが買えるお店

エコバッグは、多くのお店で販売していて、デザインの種類も豊富です。

自分の気に入ったエコバッグが見つかる可能性大です。

LCBO

右のはカナダ150周年の時のもの
LCBO Bag
中に仕切りがあるタイプもあり(ワイン用)

Bulk Barn

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bulk Barn®さん(@bulkbarnfoods)がシェアした投稿

 

Whole Foods Market

ファスナー保冷機能付きもあり

Shopで買い物すると貰えるかわいいエコバック

ROOTS

Roots eco bag

ROOTSはカナダ発のブランドで、カナダを代表するアパレル企業です。

かわいいデザインのパーカーやスエット、皮を使ったバッグなどが有名です。

ROOTSと言えば、ビーバーのロゴですね。

ROOTSで買い物をすると、もれなくかわいいロゴがプリントされたエコバッグに入れてもらえます。

また、このエコバッグ、季節とかによってどんどん変わっていくんですよね。

それもまた楽しみの一つかなと思います。

LuLu Lemon

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ReuseBag.co ♻️さん(@reusebag.co)がシェアした投稿

 

こちらもカナダ初のブランド。ヨガでおなじみのルルレモンです。

街を歩いていてもちらほら目に入りますよね。

カナダ女子にも人気のあるエコバッグです。

MUJI CANADAでオリジナルマイバッグを作ろう!

MUJI CANADAでは、布製のマイバッグが販売されています。

メープルリーフやムース、ホッケーなどカナダ限定の絵柄がプリントされたものもありますが、無地のマイバッグを買って、自分だけのオリジナルマイバッグが自作できます。

思い出にはちょうどいいですね。

スタンプでカスタマイズ

Photo:torja

各店舗にある様々なスタンプを使って、自分好みにデザインできます。

メープルリーフやビーバー、eh?など、カナダにしかないスタンプもあるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

刺繍サービス

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Helen Baeさん(@digithelen)がシェアした投稿

 

一部の店舗では、刺繍サービスがあります。

好きな絵柄を選んで、オリジナルマイバッグが作れます。

デジタルプリントサービス

Photo:blogTO

Atrium店(Dundas x Bay)には、お気に入りの写真データをプリントしてくれるサービスがあります。

カナダでの思い出の写真をプリントするのもいい記念になりますね!

スーパーのレジ袋は有料です

世界的に脱プラスチックが掲げられており、カナダでも環境問題に取り組んでいますね。

知ってる方も多いと思いますが、スーパーのレジ袋は有料で5セントです。

スタバでもプラスチックのストローは廃止されましたよね。

ストローくらいではあまり変わらないと言った声もあるようですが、

全く何もしないよりは断然マシですよね。

 

持っていると恥ずかしいビニール袋

環境問題に真剣に取り組んでいるカナダ。

そんな中、持っていると恥ずかしいビニール袋があります。

それが、これ↓

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

East West Market(@eastwest.market)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

East West Market(@eastwest.market)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

East West Market(@eastwest.market)がシェアした投稿

上から、

「結腸ケア協同組合」

「奇妙なアダルトビデオ百貨店へ」

「イボ軟膏卸売」

という意味。

 

意味がわかったら、なんか恥ずかしくて持っていられませんよね。

この取り組みをすることで、エコバッグを持参するように呼びかけているんです。

ただ単に「エコバッグ持参しましょう」って呼びかけるよりも、効果絶大ですね。

これはバンクーバーのスーパーが始めた試みですが、トロントでもやってほしいですね。

というか、全世界でやってほしい気がします。

ただ、「物珍しさに、逆に欲しがる人が倍増」なんてことにならなきゃいいですが・・・。

 

環境問題って言っても、自分に何ができるのかが分からなかったりします。

エコバッグを持参してプラスチック袋を使わない。

これだけでも立派に環境問題に取り組んでいるって言えますよね。

 

お土産にもなり、地球に優しい人にもなれるエコバッグ。

この機会にぜひ、自分の好きなエコバッグを手にしてみてください。

 

最後まで読んでくれてありがとう。

ではまた。